ヨガの流派によって違うヨガウェア

ヨガには流派がたくさん有り、その流派に合わせてヨガウェアを選びたい所です。

中には着てはいけないというルールのあるヨガもあるので、基礎知識として知っておく必要があります。ハタヨガは基本のヨガのポーズをゆったりとしたペースで行う日本でもっともポピュラーな流派です。おすすめのヨガウェアとしてはトップスもボトムスも共に伸縮性の高い物がおすすめです。

上はブラカップ付きのトップスなどにすると便利です。襟刳りがゆったりしすぎた物は、頭が下がるポーズのときに襟元が垂れ下がって、中身が見えてしまうこともあるので注意しましょう。オールインワンタイプのウェアもあるのでツナギになっている物を選んでも良いでしょう。

アシュタンガヨガはダイナミックな動きが特徴的な流派で、ヨガウェアは激しく動いても乱れない物を選ぶのがお勧めです。フリルやジップなどの装飾品の付いたウェアは邪魔になる可能性があるのでシンプルな物を選ぶようにしましょう。アシュタンヨガは運動量がとても多いヨガになるので、汗に強い吸汗速乾素材などもお勧めです。

アイアンガーヨガはポーズの正しさが求められるヨガなので、ウェアは体のパーツや筋肉の向きがわかるような、ブラトップやキャミソール、体のラインにぴったりしているショートパンツなどのウェアがお勧めです。レギンスの場合は丈がなるべく短い物を選び、寒い時期には身体を冷やさないように羽織るものも用意しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *