ヨガウェアのパンツ選びのコツ

ヨガウェアを選ぶ時に、どのようなパンツを選べば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?ヨガの種類によっては、長さや裾幅なども動きに影響が出ることがあります。

足を前後に開いたりする動きでは、丈が長すぎると裾を踏んでしまいます。思うように動けないだけでなく、場合によっては転んだり怪我をしたりする危険性もあります。そのため、動きが多い種類では丈の長いものではなく、7分丈や短めのカプリ丈などが良いでしょう。裾幅は、脚さばきの良さを重点に選ぶのがコツです。大きく裾が広がっているものなどは、女性らしいデザインで人気がありますが、裾が邪魔にならないものがおすすめです。ヨガの中でも、運動量が多いとされ汗をかきやすいアシュタンガヨガは、心と体の結びつきを大事にしています。

上手く動けるかどうかは「いかにヨガに集中できるか」がとても重要なポイントです。ヨガウェアが動きを邪魔したり不快に感じたりすると、気が散って集中することが難しくなります。動きの激しいヨガには、何もつけていないと感じるくらいのフィット感や動きを制限しないデザインが求められます。また、汗をかくため汗を吸い取る素材や通気性の良い素材など素材選びも大切です。練習や洗濯を重ねることになるので、耐久性があるものも向いています。色や柄、デザインなどもおしゃれなヨガウェアが多くありますが、着心地の良い素材で動きと呼吸に集中できるものを選んでヨガをじっくり楽しみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *